Home > 2009年02月

2009年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

映画「少年メリケンサック」のレビュー!!

無題
パソコンがやっと復活しました!
ですが、まだ接続が不安定なんです(汗

さて先日、映画館に行ってまいりました!
そこで「少年メリケンサック」という映画を見てきましたよ。

ジャンル: コメディ ドラマ
製作年 2009年
製作国:じゃぱーん
時間:125分
公式サイ:  ttp://www.meriken-movie.jp/
公開日:2009-02-14~ 公開中
監督:宮藤官九郎

レコード会社の新人発掘部のカンナは、会社退職予定日にとある動画サイトで、
「少年メリケンサック」というパンクバンドの過激なパフォーマンスに魅了される。

さっそくカンナは、そのバンドメンバーと接触し、契約に乗り切ろうとするのだが、
そこにいたのは、イケメンギターリストの青年ではなく50過ぎの酔っ払いのオッサンだった!

ツアーも決まってしまっている「少年メリケンサック」をまだ20代の新人バンドだと思ってる社長に、
メンバーはすでに解散しており、もう50代のオッサンだといえるわけもなく、
カンナはオリジナルメンバーで「少年メリケンサック」を再結成しツアーをすることになったのだが・・・?


・・・

久々の映画だったので、かなり興奮しましたw

あの銀杏BOYZのメンバーも映画に出演しており、
「少年メリケンサック」が映画内で演奏する曲は、
セックスピストルズのようなパンクな仕上がりになっていましたw

笑いあり、涙あり、そして生きざま!について考えさせられる内容でしたね。

なにより宮藤官九郎の作品は独特だよねw

Continue reading

お知らせ

パソコンを修理に出してるため、更新ができない状況にあります。
来週あたりには更新できそうです。

昭和のヒーロー。

middle_1153137217.png
これは昔のサイトで使ってたバナー。
今回もこんなバナーにしたいな。
だから今度つくりなおしてみようっと(笑)

さて今日は、初めて週間少年ジャンプというものを買った。
そもそも自分は週刊誌というものは立ち読みするものだと思っていたわけで、
今日はいままでに一度も、ジャンプを買ったことがありませんでした。

そんなこともあって、

今日は、いままで立ち読みさせていただいたジャンプ様に深謝いたし、
週間少年ジャンプをレジへお運びすることにしたのです。

そして最近買ったメガネというものを通してみる夜の景色は、
かなり綺麗だということを知ったバイト帰りでした。

メガネつけるとかなり違うんだね。

どんだけ目がわかるかったんだ自分は。

さて、詩のネタもイラストのネタもわかないので、
今日は週間少年ジャンプ様を読みつつ寝ることにします。
 

Continue reading

カーネル・サンダースと手をつなごう。

なめらかプリンを片手に日記のネタを考えるが、
これといっておもしろいネタが見つからなかったw

今日は、バイトで叱られた。
叱られたったら、叱られたのよ。

あーあ、大人になりたくないな。

小学生のころのように、
おにごっこ、かくれんぼ、だるまさんがころんだ、
なんて遊びで一日を遊び倒したいぜ。

中学だったら家で友達とゲームかな。
自転車で少し遠くまで行ってみたりもするだろうね。

エロ本を見て、どきどきってしてみたいな。

早く大人になりたいな、なんて思ってたあのとき、
自分は大人をどんなふうに見てたんだろ?

ああ、ここで現代文の教科書に載っていた「サンゲツキ」を思い出す。

昔は人だった。しかし、今は虎になってしまっている。
なぜ虎になってしまったのかと、前までは考えていたが、
今では、なぜ昔、人だったのかと考えるようになってしまっている。

的な。

何がいいたいかというと、

大人になりたいと思ってた自分が、
なぜ大人になりたかったのかと思っている。

遠くないうちに自分も大人になり、大人になりたくない、っと言った自分に、
なぜ、なりたくなかったのかと疑問を投げかけるようになってはいないだろうか。

大人になれてしまうのが怖い。

しかし「サンゲツキ」でも述べられていたように。

そのほうが楽なのかもしれない。

子供である意識をすれてば大人であるしかないのだから、
どうあがいても大人でしかない自分を受け入れることしかなくなるのだ。


まあ、自分でもよくわからなくなってしまったが、
今日は、とりあえず寝たいと思うw
 

Continue reading

自分の首を自分の手で絞めても死ぬ前には気絶する。

orehaorede,kimihakimide
仮バナーを作ってみたw

でも自分のサイトのイメージとフォントがかみ合わないから、
たぶん作り直すと思うので、新しいバナーに期待してくださいw

さて、今日は朝から夜までバイト、バイト、バイトでした。
あー、バイト。そう俺の頭の中は今、バイトでいっぱいなのだ。

何の祝日でもないこんな休日のひには、
一日中、家でパソコンをいじってたいときもあるんだよ。

まあ、明日午前だけでバイトから開放されるだけヨシとしようw


それとあれだ。

自分は、この日記を書いてるときは、

東海道詩人、である。

だけど、リアルの俺は、

アイツとは、まったく別だ。

とりあえず俺は、東海道詩人と俺を別のものとしたいんだ。

東海道詩人は東海道詩人のキャラがあってだな・・・、



これを語ると長くなるので省くw

そして、今日はサイトにいろんなコンテンツを追加したw

というわけで、さあ寝ようw

おやすみー。
 

Continue reading

ザ・花粉症。

Image1.jpg
お絵かきチャットで試し描きしたものです。
久々にパソコンで絵を描くので大苦戦でしたw

ペンタブが欲しい、なんて思ったのも今日のことです。


今日は、治りかけている腹痛を原因に学校を休みました。

高校に入学して、この2年間、1度も学校を休んだことがないのに、
ほぼずる休みに近い形で休んだのは小学校以来でした。

今日は、まったりパソコンをしていました。

昔のサイトの残ったデータをあさって使えそうなものをかき集めたり、
絵を描いてみたり、音楽を聴いてみたり、昼寝してみたり。

そして昔のサイトから2年前ぐらいに作った、
多重参加型オンラインゲームを見つけました。

ですので近々メンテナンスしてから公開したいと思います。

昔みたいに多くの常連はいないけど、
また0からスタートしていきたいと思います。
 

Continue reading

過去の詩「僕は幸せだ 」

  • 2009-02-20 (Fri)
僕は今幸せなんだ それは何故かって?
そんなの当たり前すぎて恥ずかしいことなんだ
僕が今 呼吸をしていること 僕が今 ここにいること
そう、今を僕が生きていることが嬉しいんだ

僕は今幸せなんだ それは何故かって?
そんなの当たり前すぎて恥ずかしいことなんだ
僕が今 君と一緒にいること 僕が今  その隣にいられること
この、今を君と生きていることが嬉しいんだ

こんな当たり前の日々に飽きてしまいそうだけど
当たり前であるほかに落ち着く居場所はないんだ
その中での幸せに気づけるなんて 本当に幸せなやつだろう

僕は今幸せなんだ それは何故かって?
そんなの当たり前すぎて恥ずかしいことなんだ
僕が今 呼吸をしていること 僕が今 ここにいること

こうして僕が僕であり続けて 幸せを見つけられたことが

僕の 幸せで有り続けるんだ

Continue reading

無神論信者で虚無的な僕の彼女。

詩ゃ交流サイト+イラスト「俺は俺だけど何か?」

この、サイトが活動停止して2年ぐらいが経った。
あのサイトであった人たちから多くのことを学んだ。

今、自分がギターやドラムといった音楽活動をしているきっかけも、
『あの人』がバンド野郎で、音楽の話をよく聞いていたからだし、

成長期で自分の存在が不安定な時期に、
『あのひと』に感じた不安を打ち明けて話をきけたことで、
多くの視点から物事を考えたりするようにもなった。

『あのひと』は言った。


「いいか、詩人?」

えーと、そうだな。

たとえば詩人が、ギターの練習をはじめるするだろ?
それで詩人は前から絵を描く練習をしていたわけだ。

そこで、両方ともがんばって練習する、っていうこともあるかもしれないが、
詩人の場合、どちらかに集中して、一方がおろそかにならないか?

・・・、


ちょっとあいまいなところもあるけど、
このようなことを言っていた気がする。

それから半年後、学校生活や、バンド活動に集中して、
パソコンに触れることが少なくなり、

ついに2年間ぐらいやっていた、
詩ゃ交流中心サイト+イラスト「俺は俺だけど何か?」は、

活動停止となった。



『それから様々な経験をして、持っていた多くのものが形を変えていった。』



そして最近になり、パソコンをまたやり始めるようになり、
自分は検索でヒットした過去のブログ「俺は俺だけど何か?(仮)」を読み返した。


そこであった自分は今の自分に対してかなりの刺激となった。

また自分はサイトを始めたいと思うきっかけにもなった。



とりあえず、なぜサイトのタイトルが「俺は俺だけど何か?」ではなく、
「俺は俺で、君は君で。」になったかという話で締めくくりたい。

簡単に言えば、前のタイトルは自分の個性を強く主張した、
「俺は俺だけど何か?」というタイトルだった。

そして今回のタイトルは互いの個性の違いを主張した、
「俺は俺で、君は君で。」というタイトルとなった。


これから3日ぼうずでサイトが消えるかもしれないし、
また前のように2年半も続くかもしれない。

このサイトは自分自身と向き合うために自己満足で書かれる記録である。(笑)

Continue reading

Home > 2009年02月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。